カテゴリ: 将棋

女流三冠&奨励会三段の西山朋桂(25)が4月1日に奨励会を退会したそうです。

もしかしたらエイプリルフールネタかとおもったら、当然ながらそんな訳はなく、正式に退会したとのこと。

前回のリーグは前半調子良かったけど後半失速し、今年が年齢制限最後の年に。

正直里見女流名人でも四段になれなかったし、西山さんでは厳しいだろうなとは思っていました。

女流の棋士がプロ棋士に勝つとネットでは「編入試験まであと○○勝!」とか騒いでるファンの人がいるけど、里見女流名人も西山女流三冠も自ら女流棋士の道を選んだんだから、外野がなんやかんや言うべきではないと思います。

□□□□□
コロナ渦や仕事で休みが取れなくずっと参加できずにいた県西支部定例会に出場してきました。

私に取って今日が2021年最初の大会です。良い結果を残せるように頑張りたいと思いました。

私のクラスC-1は8人しかいませんでした。

□□□□□
1回戦

先手

▲金無双急戦vs△三間飛車

ワタナベさんとの対局。玉頭銀のオープニングだったので厭だなーと思っていましたが、中盤から有利になり圧勝しました。

2回戦

後手

▲銀冠vs△角道オープン向かい飛車

元A級3組のイワサさんとの対局。鬼ころし向かい飛車にしたかったけど、そうはなりませんでした。
中盤でお互いに手詰まりになり、千日手に。

(指し直し局:△一手損角換わり)

先手

▲矢倉右玉vs△6二金・8一飛型

得意の戦型になったので、千日手にした甲斐があったとおもったけど、初めてみる変化になり、中盤で無理してしまいました。

それでも一時は指しやすかったけど、終盤うっかりが続いてアッサリ負けました。

3回戦

後手

▲矢倉vs△2手目3二飛車戦法

ミズコシさんとの対局。中盤までは互角か少し悪いくるいだとおもいましたが、終盤に駒損してしまい、入玉されてしまったので投了しました。

4回戦

後手

▲居飛車vs△阪田流向かい飛車

ツネオさんとの対局。9筋の位を序盤に取っていたので、最終盤その位が生きる展開になり、勝てました。

5回戦

後手
(△飛車先切らせ角換わり)

▲4八金・2九飛型vs△矢倉右玉

アライさんとの対局。初手▲4八銀からの相変わらずのアライワールドでしたが、なんやかんやで飛車先切らせ角換わりに。

予想外の戦型でしたが、危なげなく勝てました。

6回戦

先手

▲居飛車vs△KKS

オオサコさんとの対局。対三間飛車を予想してただけに、この戦型は予想外でした。

中盤大裁きからの駒得で「これは勝ったな」と思ったのが悪かったのか、そこから粘られ、逆転負けでした。

□□□□□

今日の結果は3勝3敗1分で居飛車を持って4局、振り飛車を持って3局指しました。

去年最後の大会でも勝率5割、今日も5割で良くも悪くもないですね。
ちょっと前までは「強すぎる」といわれる位に勝ちまくってたのに…。

今後の課題は、角交換型振り飛車で相手に待機作戦を取られて千日手になることです。

後手番なら先日手でも良いけど、先手だったらちょっとな…って感じです。

また勉強します。


☆☆☆☆☆
本日の名言
「驚いてビックリポンしました。」by佐藤伸哉七段








ついこの間日本中を駆け回ったNEWS。「藤井二冠、卒業まであと2ヶ月で高校中退!」というもの。

高3になってから一度も学校には行ってなかったそうで、今回の中退も学校や両親、師匠と何度も話し合っての決断だったらしい。

「あと2ヶ月なのにもったいな!!!!」と思ったけど、SNSでは藤井二冠の高校中退を「正しい」とする意見が多かった。

私の考えが古くさい事は前々から解っていたから、それは別にいい。

「天才は一般人には理解出来ない感性のもとで生きている」とはいうけど、形だけでも高校ぐらい卒業しないと、どんどん世間からかけはなれた人間になってしまうと思うけどな。

高校3年で年収45000万円の時点で浮世絵離れしてるのに。

□□□□□
先日の竜王戦1組出場者決定戦で▲佐藤天彦九段vs△佐藤康光会長の対局があった。

この対局は私がどちらも応援している先生なので、どっちが勝つかハラハラしていた。

その他にも佐藤天彦九段の作戦に注目していた。
元々王道の居飛車党だったのに、去年の10月からオールラウンダー化し、同じオールラウンダーどうしどっちが飛車を振るのか、と。

結果は天彦九段の先手中飛車で、天彦九段が勝ち佐藤会長は2組降級が決まった。

竜王戦2組では▲藤井二冠vs△広瀬八段の対局。
なんと藤井二冠が今までずっと指さなかった先手相掛かりを採用した。

それでまぁ普通に勝ったけど、何で今まで先手相掛かりをやらなかったんだろうか。

王座戦二次予選では▲佐々木勇気七段vs△羽生善治九段の対局で、羽生九段が菅井流うっかり三間飛車を採用した。

たしか、羽生九段にとって後手三間が1番勝率が悪かったと思うんだけど、今回の意表の作戦は実らなかった。

この黒星で羽生九段の今年度成績は20-20に。
ついに棋士人生初の負け越しの可能性も出て来てしまった。

羽生九段、佐藤会長が負けて藤井二冠が勝った。
これがコレから当たり前になっていくんだろうな。

□□□□□
2021年になってから新型コロナの最流行で、まだ一回も将棋大会に出場できていない。

勿論アプリでの対局や棋譜中継は毎日欠かさずやっているけど、実際に盤を挟んでやる対局の方が何倍も何百倍も面白い。

早く前みたいに普通に将棋大会が行われるようになって欲しい。

ちなみに今年の目標は「先手でも振り飛車を多く指す」だったけど、今のところ(アプリ対局では)先手だと角換わりばかり採用してしまって、目標達成できなさそう。

☆☆☆☆☆
本日の名言
「研究勝負にならない、そういう将棋がしたかった」by佐藤天彦九段









先日行われたA級順位戦6回戦で黄金カードの▲羽生-△豊島戦がありました。

戦形は横歩取り青野流になりましあ。最終盤では中継をしていたAbemaTVの評価値が96-4で羽生九段の「勝ち」となっていましたが、羽生九段の突然の投了。

人間には残り時間1分ではとても読みきれない難解な終盤。ソフトの様に常に最善手を指すことが出きるなら「勝ち」でも、人間にはそれが出来ないので「幻の勝ち筋」となってしまう。

本当に将棋とは恐ろしいものですね。

□□□□□
ひたちなか支部定例会に参加して来ました。
私が出場してAクラスは全部で18名。

右肘をの負傷しているため三角巾で吊っているので、左手で指すことになり、厳しい戦いになるなと思いました。

年内最後の大会なので、せめて勝ち越しを目標にしました

□□□□□

1回戦

先手

(角換わり)



▲矢倉右玉vs△6二金・8一飛型


ヤエガシさんと5年ぶりの対局。
得意型になりましたが、難解な中盤戦でした。
最後はウッカリのポカをしてしまい、あっという間に悪くして負けました




2回戦

後手

(相振り飛車)

▲四間飛車vs△2手目3二飛車戦法

クゲさんと2年ぶりの対局。
これもまた難解な将棋でした。
恐らく勝勢に近い優勢の終盤、秒読みに終われて逆転を許してしまいました。


3回戦

先手

(角換わり)

▲矢倉右玉vs△腰掛け銀

序盤から馬を一方的に作って危なげなく勝てました。

4回戦

先手

▲7八飛車戦法vs△飛車先不突右四間

初めて飛車先不可突型の右四間をやられました。
序盤に7六の歩を只で取られてり、苦しい立ち上がりでした。
最終盤、一手も開けられない状況で角と銀のタダ捨てから後手玉に食らいつき、最後は残り3秒まで読まれて指した「▲7二歩打ち」が奇跡的な1着で大逆転勝ちしました。

相手の方も勝ちを意識していたらしく、やたら悔しがっていました。私も明らかに負けたと思っていた将棋だったので、やっぱり将棋は最後まで何かあるか解るない恐ろしい世界だと思いました。

そのあとの感想戦で、欲張らなければ普通に後手勝ちだったことが発覚しました。

□□□□

今日の結果は2勝2敗、居飛車振り飛車それぞれ2局ずつ指しました。

勝ち越しを目標にしてたんですが、時間が来たので4局で終わりとなりました。

2020年の成績は50勝27敗2分で勝率0・649。
居飛車は47勝11敗で勝率0・765。
振り飛車は17勝16敗2分で勝率0・515でした。

今年は基本的に「先手なら角換わり、後手なら角交換振り飛車」という作戦で戦ってきました。

来年は、「先手振り飛車」を(気持ち)大目に指して行きたいと思います。

☆☆☆☆☆
本日の名言
「将棋は優勢になってそれをキープし続けれは負けないゲームです」by森内俊之九段







「伝説の誕生か、最強の証明か」というキャッチフレーズがついている今期の竜王戦。

挑戦者の羽生九段が第2局を制し、スコアを1-1のタイに戻した。

羽生-豊島戦はこれで後手番が9連勝。
トップ棋士同士の対局で、後手がこんなに勝ちまくるって相当珍しいんじゃないかと。

どちらが先手番で先に白星を上げられるかにかかってると思う。

□□□□□

桜川文化祭将棋大会1般の部1組に参加してきた。
前回C-2で全勝優勝して、C-1に昇級&初段に昇段。

C-1のメンバーは強者ばかりだけど、公式戦10連勝中ということもあり、優勝を狙っていった

□□□□□

1回戦

(角換わり)

先手

▲矢倉右玉vs△6二金・8一飛型

これは得意中の得意型なので危なげなく勝った。
序盤で銀得したのが大きかった

2回戦

(角換わり)

後手

▲腰掛け銀vs△矢倉右玉

まさかアライさんとノーマル角換わりになるとは思わなかった。
局面は優勢だと思ったけど時間配分を切れ負けの対局なのに間違えて、終盤は2人とも時間に終われて大変だったけど何とか勝ちきった

3回戦

先手

▲端玉銀冠vs△四間飛車

これも得意中の得意型なので負ける要素が全くなかった、といっても良いくらいの内容だった

4回戦

後手

▲居飛車vs△ダイレクト向かい飛車

サイトウ君との対局。前回と同じく千日手になったけど、今回は後手番だし時間も同じくらいの消費だったから問題なし。

(千日手指し直し局)

(角換わり)

先手

▲矢倉右玉vs△6二金・8一飛型

1回戦と同じ戦型だったけど難しかった。
時間で負けてい困ったけど、終盤は即詰みに撃ち取って勝ちきれた

5回戦

先手

▲糸谷流右玉vs△中飛車

アオキさんとの対局。先手を引けたのが大きく、前回ボコられた端角中飛車を封じれたのがよかった。

中盤までは圧倒的に優勢だったけど、終盤は間違えてよく分からない展開になって厭だったけど時間切れ勝ち。

6回戦

後手

▲三間飛車vs△エルモ囲急戦

オオサコさんとかなり久々の対局。
序盤からよく分からない変化になり、その上駒損して酷い内容で負けた

7回戦

後手

▲居飛車vs△ダイレクト向かい飛車

ツネオさんとの対局。中盤に千日手模様になり、ムリに打開しようとして無理攻めして攻めが繋がらない、という最悪の負け方だった

□□□□□
今日の結果は5勝2敗1分で優勝。居飛車で6局、振り飛車で2局指した。公式戦の連勝は15でストップした。

2ヶ月連続優勝は初めてなのと、まさかC-1で優勝するとは思わなかった。

8局中、ノーマル角換わりが3局もあってビックリした。


ノーマル角換わりや糸谷流、端玉銀冠みたいな普段から勝ちまくってる戦法では危なげなくなかったけど、オオサコさん戦やツネオさん戦では課題が出来た。

6回戦では相振り、7回戦では角換わりに誘導することも考えたけど、もしそうなってたら結果はどうなってたか…。

☆☆☆☆☆
本日の名言
「会心の一手って師匠負けたんやろ?」by船江六段







先日行われた第79期A級順位戦の4回戦が行われ、注目のカード斎藤八段vs羽生九段の対局があった。

羽生九段得意の横歩取りになり、結果は斎藤八段の勝ち。

これにより斎藤八段は全勝、羽生九段は1勝3敗で降級ラインに。

前期も降級の危機にあったけど今期も厳しい戦いが続いてる。

羽生九段がA級から落ちる所なんて見たくないので、何とか持ち直して欲しいです。

□□□□□

県西支部定例会に参加してきた。
私が出場したC-2は全部で10名。

先月3位に入れたけど、今月はどうなるか不安だった。
しかも体調もあんまり良くなく、頭痛がする感じがして、厳しくなるなと思った。

□□□□□


1回戦

後手

▲居飛車vs△ダイレクト向かい飛車

ツカダさんとの対局。序盤から馬を作って優勢に。しかし中盤にうっかりして際どい勝負になったけど、何とか勝ち。

2回戦

先手

▲△相居飛車 力戦

タカシマさんとの対局。▲2五歩△8五歩型の角換わりにしたかったけど、後手が飛車先を切ってきて先手が角を丸々得する序盤に。

必勝型だったけど、中盤手詰まりになった。
それでも勝てた。

3回戦

先手

(角換わり)

▲早繰り銀vs△棒銀

サカモトさんとの対局。昔ながらの定跡通りに進み、序盤から作戦勝ち。
終盤は少し危なかったけど、何とか勝てた。

4回戦

後手

(▲一手損角換わり)

▲腰掛け銀vs△矢倉右玉

カツミさんとの対局。横歩取りに誘導するつもりが、▲一手損角換わりに。序盤から一手得、一歩得の大分指しやすい将棋になり、危なげなく勝った

5回戦

先手

▲糸谷流右玉vsゴキゲン中飛車

オオタニさんとの対局。
序盤から優勢で圧勝だった。

6回戦

後手

▲四間飛車穴熊vs△ミレニアム模様

コウイチさんとの対局。▲4五歩ポン作戦だった。
そのためミレニアムは諦めて、ズレ美濃っぽい感じに囲って、しつこく端責めをして勝ちきった

7回戦

後手

▲居飛車vs△ダイレクト向かい飛車

ミヤナガさんとの対局。▲6五角を打つ変化になったけど、▲7八金を省略していたため乱戦に。

終盤は駒を多く渡してしまって、自信のない展開だったけどギリギリで勝ち。

8回戦

先手

▲エルモ囲い急戦vs△向かい飛車

アンドウさんとの対局。序盤から作戦勝ちして大分指しやすかったけど、その気の緩みからか終盤は一手違いになって、結果は勝ち。

□□□□□
今日の結果は8戦全勝で優勝。
居飛車で6局、振り飛車で2局指した。

県西支部の定例会に参加してきて、初めての全勝優勝。
会長からも「タカノさん、強くなった」と言われてよかった。


これで調子を落とすことなく、来月の文化祭でも良い結果を残したいてます。

☆☆☆☆☆
本日の名言
「羽生さんは強いですが、私も強いです」by佐藤天彦九段


↑このページのトップヘ