2020年06月

河井克行容疑者が相変わらず「現金を配った記憶はない。もし配ったのであれば、それは妻が単独でやったことだ」と主張しているっぽい。

最初は「そんなのが通る訳ねぇだろ!」と思ったけど、奥さんの方が容疑を認めているのなら、旦那の方は本当に白なんじゃ…と思ったけど、流石にそんなことないでしょうね。

私は頭が悪いのでよくわからないけど。

逮捕される少し前、河井杏里議員に三人のセフレ!という記事が週刊紙に載ったそう。まぁ若い頃の写真とか見ると美人だし、今も綺麗だけど流石にそんな変な関係の人はいないんじゃないかと思う。

でも火のない所に煙はっていうしね。

あとWikipediaで川井杏里って調べると、録な事書いてなくて「最低だなこいつ」って思った。

不祥事起こしすぎ。

□□□□□
トリハダ2 ネック をみた

日本のソリッドシチュエーションスリラー的な作品で三木康一郎監督の作品。

あるJCを殺した若い男、その母親、若い男にJCを紹介したおやじ、JCに売春させていた主人公(JK)

登場人物4人中3人が録でもなかった。
まぁ被害者の母親も犯人を殺すために色々やってたから、悪人と言えば悪人か。

最終的にはJKが生き残った。

と、思いきや監禁されていた部屋から脱出できなくて死んだらしい。

首吊り死体が3つもある部屋で自分が死ぬのをただ待つって1番キツいなと思った

□□□□□
新型コロナウイルスのワクチンの実用化は、2021年の春以降になるらしい。

毎日毎日東京で50人前後の感染者が出てるし、世界的な流行はちっとも落ち着かないのに、そんなチンタラチンタラしてていいのかって感じ。

そりゃ「ワクチンができた!明日から実用化します!」って訳にはいかないだろうけど。

そもそも一時期新規感染者が20人とかそこらだったのは、PCR検査をあんまりやらないようにしてただけっぽいのにね。

別に何にも収束した訳ではないのに経済を回したいからってだけで外出自粛を解除して、アホ丸出しだね。


☆☆☆☆☆
「明日ってウザイ程来るよな」byあいみょん 猫より引用







82157e49

□□□□□
石原さとみ。

「未来を作る町」というキャッチフレーズがついている水戸市の住宅街「桜の郷」の赤十字センターの前に、トートバックに入れられた男の子が置き去りにされていたそう。

若い女性が1人で産んで育てられなくて置いていったのかも知れないけど、普通に可哀想だなと思った。

特に今日は30度近くまで気温が上昇し、そんな中置き去りにされた赤ちゃんは熱中症とかになってなければいいけど。

ペラペラ男が「まぁ田舎ですからねー」とか言ってたけど、田舎だからって捨て子があるわけじゃないだろ!って思った

□□□□□

今日は珍しくカワツが大人しい日だとおもっていたら、午後になっていつも通り「何もやってくんねぇ!」と怒鳴りはじめてウンザリした

アライグマババァも出勤してそうそう指示来れアピールで、「いい加減に仕事覚えろ!」と呆れ果てた

しかもなんか娘から「彼氏つくれ」と言われてるそうで、あんな変なババァの彼氏になるジジイなんているのかと思った


ひばりの永住おばさんが足が痛いとか言って早退した。
勿論、燕の永住おばさんと一緒に。

□□□□□

「クリームソーダ」と「メロンクリームソーダ」の違いってなんだろうって1日中考えていた。

その理由は出勤前にtiptoeの「クリームソーダのゆううつ」という曲を聴いたから。

仕事の合間にどうしても気になりすぎて検索してみたところ、性格には「メロンクリームソーダ」という飲み物はこの世に存在しなかった。「クリームソーダ」という名称の飲み物が、私の考えていた「メロンクリームソーダ」だった

要するに、クリームソーダ=ソーダの上にアイス及びソフトクリームが乗ってる飲み物

メロンソーダ=メロン味のソーダ

ということだった。

まぁ探せばお店によって「メロンクリームソーダ」はあるかもしれないけどね。

ただ、この世に同じクリームソーダは2つとしてないそうだからね。

☆☆☆☆☆
本当の名言
「放課後はいつもクリームソーダ」bytiptoe クリームソーダのゆううつより引用


NHKが最初から受信できないテレビの場合、受信料を払わなくていいのかどうかという裁判がおこなわれて、「払わなくていい」という判決が下った

噂によるとこのまま最高裁まで争って、最終的には何だかんだで払うことになるだろうという意見もあるっぽい。

他には「うちは田舎でまともにNHKが映らないから今まで払った分は返してほしい」という意見もあるそうだけど、流石にそれは通らないだろうと思った

というか、何でも みんなそんなにNHKの受信料を払いたくないのか私には理解できない。

こちとら半年に1度、纏めて引き落とされているけど、「そういうもんだ」と考えてるけどね。

□□□□□
永住おばさんに、この間の無断欠勤の件を訪ねたら、休みの日を1日勘違いしてたとのこと

勘違いしてたんなら気がついた時点で出勤してほしいもんだけどね。

そのあとも希望休の話をしてて「来月デートしようー」とか言ってて結構めんどくさかった

「彼女いますよ」といっても「関係ないよー」という始末。

さらに技能実習生が「タカノサンの彼女、コイさんネー」と言っていて、あいつどこまで余計な事を言ってるのかと腹が立った

□□□□□

許されようとは思っていません を読んだ


芦沢央さんの短編集。
タイトルがカッコいいなーと前から思っていて、ついに読んだ。

結論から言ってタイトル作は微妙だったけど、「目撃者はいなかった」と「姉のように」の2本は凄く面白かった

目撃者はいなかったは、新入社員が自分の発注ミスを取り繕う話で、
姉のようには、児童虐待の話。

特に姉のようには、私があんまり好きじゃない倒叙ミステリーなんだけど、まんまとしてやられた。

☆☆☆☆☆
本当の名言
「美味しいっていってるのかな?不味そうにしてるけど」by兎遊

IMG_20200607_044420

□□□□□
派手だね。

↑このページのトップヘ